センター概要

名称 一般社団法人情報マネジメントシステム認定センター
(略称:ISMS-AC)
代表理事 山内 徹
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
設立 2018(平成30)年4月2日
業務内容 ・マネジメントシステムの認証機関の認定
・国際レベルの認定機関間の相互承認及び協力
・その他当法人の目的を達成するために必要な業務

設立の経緯

■2000年7⽉に公表された経済産業省の「情報セキュリティ管理に関する国際的なスタンダードの導⼊及び情報処理サービス業情報 システム安全対策実施事業所認定制度の改⾰について」を受けて、財団法⼈⽇本情報処理開発協会(現 ⼀般財団法⼈⽇本情報経済社会推進協会JIPDEC)は、国際規格に基づく物理的・⼈的対策などを組織全体の包括な仕組みである ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)をベースとした制度の創設に着⼿しました。

■JIPDECは、2001年度にISMS適合性評価制度のパイロット運⽤を実施した後、2002年度から本格運⽤に移行しました。その後、2007年度にITSMS(ITサービスマネジメントシステム)適合性評価制度、2010年度に BCMS(事業継続マネジメントシステム)適合性評価制度、2014年度にCSMS(制御システムマネジメン トシステム)の運⽤を開始し、これらの制度において、認証機関を審査・認定する認定機関としての役 割を果たして参りました。

■2018年4月、認定機関としての独立性をより明確にし、引き続き客観性及び公平性のある認定活動を推進していくために、一般財団法人日本情報経済社会推進協会から独立し、認定業務を行う「一般社団法人情報マネジメントシステム認定センター(略称:ISMS-AC)」として法人化しました。
当センターは、我が国における情報マネジメントシステムの定着のため、国際規格に基づいた認定機関として、各国の認定機関と協力し、ISMS、ITSMS、BCMS、CSMS認証の信頼性の向上・維持に向けて積極的に取り組んで参ります。