認定機関の国際的な協力体制

国際認定フォーラム(IAF)への加盟

ISMS-ACは国際的な認定機関として貢献しています。

国際認定フォーラム(International Accreditation Forum, Inc.)は、マネジメントシステム、製品、要員等の適合性評価活動に係る認定機関、認証機関協議会、各国の産業団体等からなる国際組織です。
IAFの目的の一つは、国際的に整合性のとれた適合性評価プログラムを開発し、認定された認証の信頼性を保証することによって、組織・エンドユーザーのリスクを低減することです。IAFの国際相互承認協定(MLA)に署名した認定機関によって認定された認証機関による認証は、IAFによってその信頼性を保証されます。
ISMS-ACは、2006年にアジア太平洋地域におけるIAFの下部組織であるPAC(現APAC)に、2007年にはIAFに加盟するとともに、その後新たに発足したISMSのMLA(APACではMRAと呼ぶ)に署名しました。
ISMS-ACは、MLAの枠組みの下で他のAPAC MRA署名認定機関から定期的に評価を受けることにより、その認定活動が認定機関に対する要求事項であるISO/IEC 17011に適合し、他のIAF MLA/APAC MRA署名認定機関と同等に信頼できることが認められています。
世界的にも多くの認定・認証数の実績をもつISMS-ACは、今後もISMSのMLA運営に対して様々な面から貢献していく考えです。